優緋の部屋

日々の出来事、想うこと、信心について、二次小説、短歌などあれこれ

【特別対談】三橋貴明×中野剛志(評論家)  ノーカット対談前後編


【特別対談】三橋貴明×中野剛志(評論家)ノーカット対談前編 - YouTube

 

後半


【三橋貴明×中野剛志 後編】バカな学者に滅ぼされる日本...戦争の社会科学...日本人は本当に戦えるのか? - YouTube

 

日本、ホントに大変。

何とかしないと…

素人の歴史好きが   “男系男子継承”を論破してみる


【敬宮愛子内親王殿下】女性天皇こそ時代の要請 内外に誇れる敬宮愛子さま 小田部雄次教授(静岡福祉大学名誉教授) - YouTube

 

↑の動画で静岡福祉大学名誉教授

小田部雄次先生が敬宮愛子内親王殿下が皇位継承することは、歴史的に見ても問題ない事を様々観点から論じておられます。

 

この対談は2回目で、

前回の対談後にまとめられたメモには、

次のように明治政府が旧皇室典範制定に当たって、“女性天皇”を検討したことが書かれてあります。

 🍀🍀🍀

✨ 伊藤博文など

明治時代を拓いたリーダーたちが

ヨーロッパを訪問するなどして、

国憲(憲法)と皇位継承天皇

皇室のあり方を示す

天皇家の家憲としての

典範制定に向けた検討作業を行いました。

 

✨ その議論の中で

英国などヨーロッパの例などを引きながら

女帝の可能性も検討に当たった委員や

政府内で議論されましたが、

女性天皇に反対である

リーダーであった

岩倉具視の意を受けながら

担当した官僚の井上毅

我が国では女性に参政権すらないのに、

天皇が女性というのは相応しくない

と強く主張し、

伊藤らはこれを受け入れて

明治時代の皇室典範では

「男系男子継承」が

規定されることになったのです。

 

✨ そうした意味では、

歴史的資料に

女性天皇可否についての

議論が存在したことは、

明確に示されています。

 

✨ 結果として、

歴史上8人10代にわたり確認できる

女性天皇の存在があったのに、

明治から

女性天皇が認められなくなったのは、

江戸時代までに強まった

男尊女卑傾向が

明治に引きずられて、

それが背景になったものといえます。

 

🍀🍀🍀

・旧皇室典範制定に当たって

女性天皇が検討されたこと

・歴史的に見ても

8方10代の女性天皇が存在したこと

 

この2点だけを見ても

万世一系男系男子継承が皇室の伝統”というのは間違いであることが分かります。

 

女系天皇について

古代において、女帝が続いた時代があります。

持統天皇文武天皇元明天皇元正天皇

この時代は、皇女は4世以内の皇族としか

結婚できなかったので、

女性天皇は全て結果的に“男系”とも言えます。

 

しかし、元明天皇は、自身が即位した後

次女吉備内親王の3人の息子(王)を、

「私は天皇であるから、私の孫(吉備内親王の息子たち)は、皇孫として扱う。」という内容の詔を発して皇位継承を与えています。

 

吉備内親王の父草壁皇子は即位してないので、本来は王(女王?)なのかもしれません。

また、吉備内親王の夫長屋王天武天皇の孫(父は高市皇子 庶長子)ですから2世で、男系をたどれば吉備内親王の息子は3世となり、

皇位継承権はあってもかなり下位となるでしょう。

ですからわざわざ、詔を発して

天皇の孫2世だから、皇位継承権を与えた」(しかもかなり高い)のだと思います。

天智天皇天武天皇の皇子、孫が他にもかなりいましたから。

 

とすると、男系の血脈があるとは言え、

吉備内親王の息子が皇位を継いだ場合、

女系天皇と言えるのではないでしょうか。

 

実際には“長屋王の変”において長屋王一家は謀叛の疑いをかけられ自害して果てましたが、女系天皇への道を準備していたと考えられます。

 

また、文武天皇には3人の息子、

首皇子聖武天皇)、高円広成?、高円広世?がいたとされています。

文武天皇は、即位前は軽皇子

呼ばれていましたが、

草壁皇子は即位せず亡くなった為、

正確には「皇子」(天皇の一世)ではなく「王」(天皇の二世)です。

しかし、祖母である持統天皇の意向から、

立太子以前から

“皇子”の扱いを受けたと思われます。

当時、皇后(および妃)は

皇族出身であることが常例で、

皇位継承者に内定していた段階で、

将来の皇后となるべき

皇族出身の妃がいたはずですが、

続日本紀』には

妃や皇后を持った記録はなく、何らかの原因で持つことができなかったか、記録から漏れた(消された)と考えられます。

 

記録にある文武天皇の妻は

夫人(ぶにん)藤原宮子(藤原不比等の娘)

嬪(ひん)石川刀子娘

    紀竈門娘 です。

 

文武天皇は15歳で即位(当時としては早い20歳以降が通例)25歳で早世します。

息子の首皇子は7歳であったため、文武天皇の母が元明天皇として即位します。

 

そして、元明天皇は娘の元正天皇皇位を嗣がせます。元正天皇草壁皇子の娘ですから、天武天皇から数えれば3世です。

 

天武天皇には、他にも皇子(2世)がいるのに

元明天皇元正天皇は女系女性天皇継承と言えるのではないでしょうか。

 

これは、ある意味

母系蘇我氏藤原氏

皇位争いとも言えます。

蘇我氏(石川氏)は

天皇家の母方氏族として、

また大化以前における

唯一の大臣(オホマヘツキミ)家として、

その尊貴性を認められていました。

欽明天皇以来、何代にもわたり

蘇我氏の娘が天皇(大王)に嫁いでいます。

 

広成(広世)が皇籍を剥奪され、

その母、嬪(ひん)石川刀子娘も嬪の位を剥奪されています。

これは、首皇子(後の聖武天皇 藤原宮子所生)の競争相手を排除しようとして

藤原不比等橘三千代夫婦の陰謀とされていて、母系が蘇我氏から藤原氏へ移っていったことを意味します。

 

持統天皇元明天皇元正天皇は、蘇我氏の娘の血を引いています。

母系に着目されることは少ないですが、

当時は子どもは母の家で育つため、

母の身分が皇位継承順位に大きな要素となりました。

 

元明天皇元正天皇は、蘇我氏の血を引く

吉備内親王の息子への継承を考えていたと思います。

 

 

歴史好き素人が考える 旧11宮家の皇籍復帰

養老令(天平宝字元年 757年)によれば、

皇親としての王は

天皇の孫(二世孫王)

曽孫(三世王)

玄孫(四世王)まで

 

五世王は「王」と称することが許されたが、皇親としての王に当たらないとされた。

 

また、後には5世以降は姓を賜り臣下

(賜姓降下)した。(五世の原則)

皇族を増やしすぎないためだ。

 

皇子を多く産んだ天皇の場合は、

皇子でも賜姓降下する場合があった。

 

皇族の人数確保のため、旧皇族11宮家を復帰させるという考え方がある。

 

しかし、静岡福祉大学名誉教授小田部雄次先生によれば、旧皇室典範制定により永世皇族制が採用され、世襲親王家の制度は廃止され、世襲親王家についても、その他の宮家と同様、男子に恵まれない場合は断絶することとされ、宮家は長男だけが継承でき、長男に男の子が生まれなければ絶家となる。

 

安永8年(1780年

閑院宮家2代典仁親王の第二皇子・兼仁親王光格天皇として皇位継承し、その血統が今上陛下まで続いている。

 

現在続いている旧宮家と呼ばれる家は、

皇籍離脱後次男、三男の方が継いでおり、

宮家は長男のみが継ぐ(次男以下は華族となった)という点においても、五世以下は臣下とした“五世の原則”においても、皇籍復帰に該当する人(家)はいないと思われる。

(既に五世、六世の代になっている)

 

憲法における「皇位世襲」規定(第2条)は例外的な規定であり、「世襲」は特定の血統=門地(家柄、家格)だけに限定した継承を意味する。

歴史的な原則(五世の原則、宮家継承は長男に限る)を超えて“男系男子”の幅を広げることは、まさに門地による差別そのものに当たるのではないだろうか。

 

 

 

 

要拡散!【積極財政を推進する地方議員連盟の提言】


f:id:yuuhi0825:20240225081620j:image

要拡散!【積極財政を推進する地方議員連盟の提言】 - YouTube

 

75項目もある提言ですので、全てを合意するのは難しいかもしれません。

けれども、国家議員がお金の問題とか庶民の生活に直接関係のない問題(だから、どうでも良いわけではないが)でグダグダな現状から考えると、より庶民の近くにいる地方からの声を上げる必要があるのかなと思います。

]
積極財政を推進する地方議員連盟

〈いつも心に先生を〉 忘れ得ぬ原点の日 より


f:id:yuuhi0825:20240224120030j:image

f:id:yuuhi0825:20240224120043j:image
 「“地域のために尽くそう。

社会に貢献しよう”という

強い一念があってこそ、

仏法を社会に開くこともできるし、

広宣流布の広がりも生まれる。     

 

立正安国論』にも

『一身の安堵を思わば

先ず四表の静謐を禱らん者か』

(全31・新44)と仰せです。     

 

幹部の皆さんは、

すべての人びとの幸福と、

島の繁栄を実現する

責任者の自覚に立ってください。

それが自分自身の境涯革命にも通じます」 (小説『新・人間革命』第19巻「虹の舞」の章)

津田梅子と星野あい  名字の言抜粋


f:id:yuuhi0825:20240222183624j:image

✨ 津田梅子

5千円札の新たな肖像となる教育者

今年が生誕160年

近代日本女子高等教育の先駆け

「女子英学塾」を1900年に創設。

 

✨ いつか大学に発展させたい

その思いは愛弟子星野あいに託された

しかし、戦時下の日本

英語は「敵性語」

外国人教師の多くが国外退去。

終戦後も資金難に

 

✨ “教育によって

女性の地位向上を実現する”

師弟の夢が胸中から消えることは

決してなかった。

1948年

津田塾大学」の設立を実現させた

 

✨ 社会を変え、

時代を動かしていくのは、

使命と決意に燃えた

「真剣な一人」である。

心に師を抱き、

師への誓いに生きる

その報恩の歩みに

行き詰まりはない。

真剣な「今日」の積み重ね 名字の言より抜粋


f:id:yuuhi0825:20240220081131j:image

 仏法は因果俱時

今日の一歩前進が、

未来の勝利を確約する。

 

✨ 今日は「目的」であると同時に、

明日への「手段」でもある。

明日への向上のため、

今日一日に全力を尽くしていく、

学びの日々であっていただきたい

(創価学園生へ池田先生の言葉)

勉学もまた、

“今日から明日”への

連続闘争である

 

✨ いつかは目標に通じる歩みを

一歩々々と運んでいくのでは足りない。

その一歩々々が目標なのだし、

一歩そのものが

価値あるもので

なければならない

ゲーテ 山下肇訳)